社会人サークル・部活活動レポート

2017年06月24日 米作り説明及び相談

初めての顔合わせができました。

6月24日の報告をします。

集合:キッチン千石 12:00
   その後、地区の区長さん宅に移動
   
参加者:6名

1.概要
①自己紹介
②本件の概要説明
③本件実施の要件につき説明
④区長さんから地区や農業の現状について説明
⑤区長さんのご好意で梅もぎ(お土産)
⑥田んぼの視察

2.要旨
①自己紹介
 6名の職業や本件に興味がある動機農業経験等について紹介しあった。
②本件の概要説明・意見交換
◇責任体制・メンバー種別 
本件は色々な立場や考え方の人ができる形で関われるようにするが、成立のためには数十万円程度の先行負担ができる人が5名程度必要と考えられる。次いで、程度は別として数万円程度の先行負担ができる人に参加してもらいたい。そのほかに、参加できるときに来る人や単発で来る人も許容する。
(単なるイベントではなく、継続性を担保し責任を持てる人を確保するため)
尚、共済を掛けるので大きな金銭的リスクは無いと考えられる。
 メンバー種別(便宜的に席上で無かった用語も使用)
・コアメンバー(中心的に出資し、責任を持って運営)  5名程度
・普通メンバー(小額出資し継続的に関わる)      適当数 
・サポートメンバー(できるときや単発で参加)     無制限
◇その他
 ・遠方の人も多いので作業時間を確保するには家を借りる必要があるのではないか?
 ・常駐ができないので部分的に地元の方にお願いする必要がある。
 ・本件の目的は特に決めないが、それぞれの方が上手く利用してもらえば良いのではないか?(農業の勉強や就農準備・田舎暮らし・レジャーなど)

④区長さんからの現状(背景)説明
◇農業従事者の高齢化が進み耕地の維持が難しくなっている
◇集落自体も現在90戸程度だが10年後には70個程度になる見込みで、行事の維持もできなくなって来ている
◇上記の背景から耕作をしてくれる人や転入してくれる人は歓迎したいし、いくらでも協力する

⑤⑥梅もぎ・田んぼの視察
 内容省略

以上

みんなで米を作る会(仮称)

2017/06/25 すけえもんさん ・社会人サークル管理人