Blog Image

2024/7/6 1回目 奥多摩企画

暑さと天気の両方が心配な土曜日でしたが、昨年好評だった奥多摩と日原鍾乳洞の企画を行いました。
参加者は主催者を含めて12名です。

企画風景は下記アルバムをご参照ください
https://tunagate.com/circle/74488/album/5397

⓪立川駅に集合(自己紹介と今回のテーマを発表)

→中央線で青梅駅に移動

①青梅駅から東京アドベンチャーラインと呼ばれる電車で、奥多摩駅に移動(東京都内ですが青梅駅あたりから森林の中を進む電車だったり、川井駅を過ぎると川や橋など旅行気分を味わえます)

②奥多摩駅到着(奥多摩の歴史、特徴を説明)

③昼食会場「奥多摩の台所」でランチ(事前に注文した、「究極の唐揚げ」「こだわりの卵焼き」「ポテトサラダ」と各自好きなものを頼んでランチをしました)

④西東京バスで東日原に移動、日原鍾乳洞まで2km徒歩へ(帰りのバスの時間を確認し、鍾乳洞の知識を説明)

⑤日原鍾乳洞(ついに鍾乳洞へ。入口前でレインウェアなど、寒さ・水のしずく対策を万全にして入りました)
・前半は11℃の寒さと水もしたたる地面を体感、また死後の世界?をイメージできるような風景が続きます。
・後半は探検会が見つけたルートなので、工事現場の中のような狭く険しい階段が続きました。
前半後半で1時間程度かかります

⑥バスの時間調整により、休憩(アイス食べたり、お土産みたり、談笑したりする時間です)
→行き同様、徒歩でバス停に行き、奥多摩駅に移動。

奥多摩駅で一旦解散し、希望者で駅近くを散策。

⑦奥氷川神社(奥多摩の中心地でもあった神社と三本杉で有名です。パワースポットとして有名ですが、その理由を説明)

⑧吊り橋周辺(二つの吊り橋を渡り、多摩川を見てりしました。この日も小雨が降っている中、川遊びをしている人がいました)

⑨ビア カフェ バテレ (奥多摩駅近くの路地を入ったクラフトビールのお店。中は混んでいたので外で10名でビールとポテトを食べました)

終了後、電車にて帰宅。

【参加者の感想】
・非日常感がよかった
・東京の端にきて、とても良い経験ができた
・奥多摩は自然たっぷりで楽しかった
・鍾乳洞は神秘的でした、奥多摩の自然豊かさを堪能しました
・つなげーとは初めてでしたけど、楽しめてよかった
・鍾乳洞初めてで楽しかった
・鍾乳洞きれいで天気もそれほど崩れずよかった
・奥多摩は久々でしたが、初めて行った場所ばかりで楽しかった
・このサークルの雰囲気がよくよかった
・鍾乳洞良い思い出になりました
・なんだか探検隊の一員になった気分ができました。

【総評】
今回の企画は先月の土砂崩れによる道路の封鎖で開催できるか悩んだ企画でした。ですが、結果的に開催できてよかったです。
奥多摩は蒸しますが、都心より涼しく、そのせいか予想以上に鍾乳洞来場者が多かったです。
しかし、ネット情報だけだからか、軽装(サンダルやおしゃれな服や半袖など)まるで富士山の弾丸ツアーのような「大丈夫なの?」という人たちが多かったです。
ネット情報だけで行くときつい思いしますね。その点、当サークルは事前情報を伝えていますが、下見や昨年の経験値が大きく生かされました。
来週も同様の企画ですが、天気が心配ですが、鍾乳洞だからどうせ小雨が降っているようなもんかなあと思いつつ、来週最終判断する予定です。