Blog Image

最近のワイルドなキャンプレポート

こんにちわ!
趣味のサバイバル会です。
わかりやすく言うと、ワイルドなキャンプ会です。
細かく分けるとブッシュクラフトと言います。
今年だけで6~7回開催。連れて行った人数は、のべ100人を超えました(笑)



割とガチで雰囲気のいい山奥。(とは言ってもアクセスいいし、トイレまで普通に徒歩で行ける。)


拠点を作り、



枝を拾い集め、


ヒントと、安全指導だけを行い、着火剤やライター無しで自力で火を起こしてもらう。


道具はメタルマッチのみ。
(女子チームは麻ひも使用。男子チームは落ちてる杉の内皮をもみほぐしたものを使う上級者向け火おこし)
知識と技術が必要なため、コツをつかむまでは何時間もかかるが、はじめて火が付いたときの達成感はやった者にしかわからない。



乾杯は毎回火おこしに成功してから。


石のまな板の上で調理。
清流に浸して天然の冷蔵庫で食材も冷えたまま。


ブッシュクラフトは、その辺のもので工作して生活に役立てる知恵です。
スプーンや箸を木からナイフで削りだして作ったりもできますし、竹割って、アルミを巻いてお玉代わりに。
空き缶を切って器にすることだってできます。





パンは薄力粉から!


それぞれ鬼ごっこのバラバラの会に参加していたので、実は多くが初対面同士。



帰り際には毎回どこでやったかわからないくらい、後片付けをして、ゴミもすべて持ち帰ります。


グランピングLOVEな人にはちょっと合わないかもだけど、ディスカバリーチャンネルにあこがれる人にはピッタリの企画です!
アウトドア自体初めての人でもできるように内容を組んでいますが、練習をすれば、道具がどんどん少なくなっていきます。
道具の代わりを自分の知識や技術で補えるのがブッシュクラフトの魅力です。
そして、自分たちで起こした火で調理する料理が死ぬほどうまいです🍖
すごく面白いのに、野蛮そうというだけで思ったほど人気がでないです(´;ω;`)


次回は、ちょっと遠いですが、8月中旬。
梅雨あけが早ければ7月下旬にもやるかもしれないので、興味のある方は下記からチェックしてみてください!↓
https://tunagate.com/circle/21374/events

2021/06/03 (木)

主催サークル