新しい友だちを来月までに100人作れるのがつなげーと

新しい友だちを来月までに100人作れるのがつなげーと

  • つなげーと編集部
  • つなげーと編集部

「一年生になったら、一年生になったら、友だち100人できるかな♪」という歌がありますよね。小学校に入ったら同級生や同学年の友だちが増えるかも知れない、という就学前の子どもの期待を歌った歌です。

学校に入学する、というのは友だちができるチャンスですね。「一年生になったら〜」の歌で、私たちは幼稚園や保育園の頃から刷り込まされてきたわけです。

さて、大人になると友だちというものを作るのは極めて難しくなります。

恋人や結婚相手を探すのは、目的がはっきりしているのでマッチングアプリを使ったりすればできるかもしれません。

友だちは、そんなアプリがないから難しい。

そんな悩みを一発で解決するのがつなげーとです。

イベント参加でどんどん友だちが増える

例えば平均約15人が参加しているサークルイベントに、月に10回参加するとします。

のべ150人との出会いがあるわけですが、サークルの中で再会する人もいるわけなので、だいたい100人の新たな人脈ができることになります。

イベントで会った人と再開しやすいしくみ

つなげーとでは、同じイベントに参加した人どうしが「友だち」としてつながる機能が用意されています。

イベント終了後に、「友だちとしてつながる」かどうかを参加者一覧からチェックボックスで設定でき、お互いにつながる意思があるユーザーどうしがつながれます。

一度つながると、友だちがサークルイベントに参加するときに、お知らせ通知が届きます。

「あ、この人ともう一度会いたいな」と思ったら、同じイベントに後追いで参加できる仕組みです。

(もちろん、友だち設定を外して、お相手に通知が行かないようにすることも可能です)

「単純接触効果」というものがあり、人は何度も顔を合わせている人と仲良くなりやすい傾向があります。初対面(いや、会う前に)お相手を判断してしまうマッチングアプリでは、単純接触効果でだんだん仲良くなって、相手の本当の内面の良さに気づくことなんてできませんよね?

ぜひ、つなげーとを使って友だち100人作ってみてください。