楽しそうだし、ゲームをやりたいけれど、なんとなくやらずにいる。

楽しそうだし、ゲームをやりたいけれど、なんとなくやらずにいる。

  • つなげーと編集部
  • つなげーと編集部

名前だけは結構知っている。どれもこれも楽しそうであることも知っている。

ゲームの話である。

APEX、人狼、スプラトゥーン、大乱闘スマッシュブラザーズ、などなど。

どれも名前を知ってはいるし、どうやら面白いということもわかっている。私たちのサービス「つなげーと」でもオンラインゲームやボードゲームをみんなでやるサークルやイベントを見かける。

みんな楽しそうだし、私もゲームをしてみたいなという気持ちになる。

キラキラした瞳で熱っぽくゲームについて語る人の姿を見れば、そこに夢中になれる世界が待っているのだとすぐにわかる。自分もゲームをすれば、楽しくゲームの話題に花を咲かせることができるかもしれない。

楽しそうなゲームをやりたい。
……けれども手が伸びないまま、今日の今日まで過ごしている。

楽しいのは知ってるけど、1人で遊ぶのは何か違う……

amongus、CoD、スマブラ、人狼、オンライン、ボードゲーム、TRPG……。

それが「面白い」という話は毎日のように耳にする。YouTubeでちらっと実況動画を覗いたりもするし、Twitter で見聞きする新作のニュースに心躍るのも確かだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-04-22-21-49-17-418-1024x768.jpg

私だって「こんがり肉を焼いてみたい」「タヌキに借金を返しながら新生活を営んだりしたい」と思っている。興味津々である。

ゲームをやってる人からすれば「やればいいじゃん」と思うかもしれない。

一人でも世界中の人とオンラインで対戦できるゲームなんてのはきょうびそんなに珍しくないし、今すぐにでも始めることはできる。でもやっぱりそれはどうしてだか「違う」気がするのだ。そういうことをしたいのではないような。

どうしてこんなに新しいゲームを始めるのは億劫なのだろうか。

ミスしたことも笑ってしまう、そういうゲーム体験がしたいのかもしれない。

以前はマクドナルドで DS を突き合わせてポケモンと旅に出たり、朝まで桃鉄をプレイした記憶はこんなにも鮮明だ。

あの頃と今の大きな違いは、「一緒にプレイする仲間がいるかどうか」かもしれない。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0840-1-1024x683.jpg

友だちと一緒にするゲームは気楽で、ミスしても笑いの種になる。

初対面であっても、同じメンバーで何度かプレイをして共通の会話があれば「ミスしたらみんなで笑える」状態になるような気がする。子供のころはそうだったたし、おそらく今でもそれは同じなんじゃないか。

私はたぶん「1人でプレイする」ことを億劫に感じているのかもれしない。

オンライン対戦であったとしても、馴染みのない人と黙々と対戦をするだけと思うと、どうも「お。楽しそう。すぐ始めてみよう」という気持ちになりにくい。

もちろん、世界中のプレイヤーとゲームしたいという人もいるだろうが、私のような「楽しそうなのに、はじめられない」という人の原因はそこにあるような気がする。

「明日はゲームをするんだ!」

同じように考えている人は実は多いのではないでしょうか。

面白いゲームがしたい。でも何となく一人でやるのは億劫。
誰かと一緒にワイワイとミスも笑えるような感じでゲームするならやりたいな、という人は。

「つなげーと」でゲームのサークルに参加している人や、ゲームに限らず色々なイベントに参加している人は同じような感覚があるのかもしれませんね。

たとえば、休日にワイワイと人狼やったら楽しいだろうな、と思います。
でも、身の回りから人狼をやる人を探して集めてまでは面倒だし、しなくてもいいかな……とも。

そんな私みたいな人でも、同じ目的を楽しみたい人たちが集まる場にするっと参加してしまえば気楽なものです。

「明日はゲームをするんだ!」と思って床に就くだとか、ソワソワしながらリュックにゲーム機をつっこんでスニーカーに足をつっかける朝だとか。そういうのが大人になってからももっとあって良いと思う。

だからこそ、「つなげーと」を通じて集まってゲームをしたりするんでしょうね。

ミスしたり変なプレイをしてしまったことを笑ったり、上手い人のプレイを見ておおおおーっとみんなで盛り上がったり。「やってみたいな」という気持ちがあるのに楽しまないのはもったいない、ですよね。