Event Image
Event Image

東京ドームシティ『和ハロウィン』を体験しよう!

2019/10/21(月) 東京ドームシティ『和ハロウィン』体験してきました!
ホラーと絶叫第4回目イベントは期間限定ホラーアトラクション含む「ハロウィンスペシャルライド3」というお得なチケットを利用した盛り沢山な内容でした。
今回の参加者様は男性5人、女性2人の計7人。

19:30に集合だったのですが『サンダードルフィン』の受付が19:40までとのことで自己紹介もそこそこに取り敢えず乗り場に向かいます。
サンダードルフィンはドームシティの観覧車の中央を突き抜けるジェットコースター。
乗った段階では背もたれ自体背中の半分くらいしかないし、肩のハーネスもないし、たいしたことないんだと思っていたら80mの高さから角度80度で一気に急降下! これは高さと角度もさることながら落下距離も長いので一瞬息が詰まるほどの衝撃です。
上半身がかなり自由なため、思った以上のスリルを感じることができました。
回転がないため、気持ち悪くなる心配もなし。初っ端に心拍数をいい感じにあげてくれました。


2番目は和ハロウィンのメインの1つ『怨霊の金縛り屋敷』
クラウドファンディングにて実現したアトラクションで、その際のプレ体験では「身体を拘束されて掛け布団を掛けて金縛り状態にした上でVR」というホラー心もM心も充分すぎるほどに擽る内容。ワクドキ。
結論から言いますと、こちらのアトラクションは見所・魅力を言った時点でネタバレとなってしまうので言えないのですが、残念な箇所が2点。ストーリーテラー的な案内人が『アトラクションの職員』であること。話し方がのんきな感じなので緊迫感が一気に失われます。
もう一つはせっかく呪いの人形を題材にしているのに今ひとつストーリーが浅いところ。人形と演出の因果関係がさっぱり。
設備としては実際は介護用並みに角度のあるベッドに寝転んで(VR見やすくするため)ブランケットをかけるだけで特に拘束はされませんでした。
VRの世界で体験者の手や下半身が見えている状態ですので、映像と同じポーズを取った方が臨場感があります。管理人のように脚も腕も組んだリゾートスタイルでいると現実と要らぬギャップが生まれます。
VRの画質もかなりよく、演出においてはVRにとどまらない(ギリネタバレではないはず)ところが非常に良かったと思います。お布団から完全に逃げ出そうとしていた参加者様を管理人は見逃しませんでしたよ...悲鳴も結構あがっていました。
管理人と致しましてはせっかく寝転んでいる(転倒の恐れはない)のだから、お布団の中からがっつり両足首掴まれるくらいの演出があっても素敵だと思いました。

本日ラストはみんなが1番楽しみにしておりました『お化け屋敷の深夜巡回』
体験者はお化け屋敷(遊園地)の警備員として働いており、その夜先に見回りに行った同僚が戻らず警報音鳴り響く終業後の真っ暗なお化け屋敷へと懐中電灯1つ手に足を踏み入れる...と、なんともゾクゾクする内容。
実際は最大4人1組となり、先端部が懐中電灯になっているロープを掴んで進んでいきます。
当たり前ですがぴっかりピカピカの懐中電灯などではなく、5mmほどの光源しかない懐中電灯です。警備員の持ち物としては0点、お化け屋敷としては100点です。
管理人は常々ウォークスルー型のお化け屋敷はどうも明るすぎると不満を持っており、今回も終業後とはいえ安全面から暗さはさほどなのだろう...と高を括っておりましたが、完全に真っ暗です。ルートを示す矢印を探さなくてはどちらが正しい道なのかわかりません。前回(怨み針の女)の時より各段に距離も長く感じる!
非常に絞られた光に浮かび上がるお化け屋敷の仕掛け。営業時間内には『ウォークスルー型のお化け屋敷』として機能しているはずの全てがひっそりと息を潜め、ただ鳴り響く警報音。
これ、本当にお化け屋敷怖い方はパニックになるかもしれないくらい練られた演出だと思います。
途中退場は不可ですので、くれぐれも足元・頭上・前方・背後にはお気をつけて。


今回のイベントは19:30集合でアトラクション3つ体験で¥2,400-(+狐のお面付き)だったのですが、非常に充実した時間を過ごすことができました。
コスト面、ホラー度、1番だったと思います。


金縛りの怨霊屋敷
怖さ ★★☆☆☆
ストーリー ★★☆☆☆
展開の意外度 ★★★☆☆
オススメ度 ★★★☆☆

お化け屋敷の深夜巡回
暗さ ★★★★★
怖さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
オススメ度 ★★★★★




管理人はイベント後の交流会を行ったお店に狐のお面忘れてきました。あーあ。

あと、昭和の人間なので懐中電灯持ったら下から顔を照らさずにはいられない。
お化け屋敷の中でそれをやっても誰も笑ってくれないし、ましてやそのままマントヒヒの顔マネやり続けてたらメンバーさんに「これマジ説教なんですけど、懐中電灯の無駄遣いするな」と怒られるのでオススメできません。

2019/10/23 (水)

イベント
主催サークル