【ゆるい生き物サークル】Species

【ゆるい生き物サークル】Species

5

東京都


生き物好きが運営するちょっとマニアックな会です。
フィールドで生き物を見る、語るなど多角的にゆるく楽しむ会の予定ですん。
(管理者は野鳥にかなり偏ってるので、野鳥企画多めになるかもしれません。)

管理者が検討中のイベント一覧

フィールドワーク、施設見学
・里山で毒草観察
・海の危険生物プチ講座と初夏の磯遊び
・夏の夜空の天体観測
・博物館見学

オンライン
・書評会「動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか」フランス・ドゥ・ヴァール著
・愛鳥週間イベント:野鳥デッサン
・土曜丑の日イベント 日本の絶滅危惧種、ウナギについて考える。
・交流、雑談会

【参加者の皆様へ】
ゆるい会なので自由に企画をあげてもらって大丈夫です。

【お願い】
フィールドでのマナーについては、以下を参考にご協力お願い致します。

・Canon株式会社公式HP「野鳥観察・撮影のマナー7か条」
https://global.canon/ja/environment/bird-branch/how-to-photograph-birds/manners/index.html
・日本野鳥の会 東京
https://wbsjt.jimdo.com/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC/

原則ビジネス勧誘禁止等々、つなげーとの利用規約をお守りください。
募集年齢層:指定しない

もっと読む…


質問・問い合わせ
質問・問い合わせページに行く

このサークルのイベントレビュー

こんにちは、管理者の大石です。 7月31日に開催予定でした土用丑の日イベントを急に私事で中止にしてしまって、 大変申し訳御座いません。 作ったスライドをこちらで供養しますので、良かったら見て頂けると嬉しいです。 ①今更「実際、よく分かってない」とは言いにくい方のための"SDGs"解説 ​ 2030年までに達成することを目標した持続可能な社会・環境システムの具体的な取り組みをまとめたもの。 生物多様性・環境保全も盛り込まれています。私たちの食糧や医薬品、健全な生命活動に必要な資源と環境は、 他の生物がいることで成り立っています。そして、一度崩れた環境を含めた生態系バランスは、人工的に復元・補完が極めて困難です。 50年後、100年後の未来を逆算思考して今何をするべきか、考えるきっかけとして関心を持って頂くと良いと思います。 ②クイズ:二ホンウナギの絶滅危険度ランキングを予想してください。 ・"最近氷が無くて大変なんです…" ホッキョクグマ ・食物連鎖のトップに君臨 オオタカ ・沖縄地方の世界自然遺産登録にも大きく貢献した希少生物 イリオモテヤマネコ ・"角は漢方薬として人気があって乱獲の対象になった キタシロサイ ・"人魚伝説のモデルになりました" ジュゴン ・夏の味覚の定番 二ホンウナギ ③正解発表 正解は、このように並べ替えることができます。予想は当たっていましたか? 1位 キタシロサイ(野生絶滅)  乱獲と内戦の影響で個体数が激減。2018年には最後の雄が死亡し、既に自然繁殖は不可能になってしまった。 2位 ジュゴン・イリオモテヤマネコ(絶滅危惧ⅠA) ※ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い 海洋汚染、サンゴ礁の埋め立てによる生息地の減少や、交通事故死などの人災防止が課題となっている。 3位 二ホンウナギ(絶滅危惧IB類)※IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い 人工繁殖の成功例はあるが極めて難しい上、著しい野生個体数の減少が指摘されている。 (同じ危険度の動物 参考:アマミノクロウサギ、アカウミガメ) 4位 ホッキョクグマ・オオタカ(絶滅危惧II類) ※絶滅の危険が増大している種 個体数の自然回復など改善が見込める状態ではあるが、環境破壊など条件が揃えば危険度が上昇しやすい。 (同じ危険度の動物 参考:ゼニガタアザラシ)   。 ④実際問題、「二ホンウナギは減少している」 表は漁獲量から推測しているので、厳密に野生個体の数を示しているものではないにせよ、 著しく低下していることは明白と言えます。これにより市場取引価格の相場は年々上昇していますが、 国内のデフレ経済の兆候から、原価低減や価格競争が過熱しやすい状況であることは言うまでもない。 そういえば、サンマが鮮魚コーナーに並ぶ数が減り、値段も随分と高くなっていますよね。 それも恐らく同種の事由によるものでしょう。 ⑤まとめ:具体的な取り組みを考えてみた結果… ここまで読んでみて、どうでしょうか。皆さんの心の中を予想して回答します。 「つまり、あなたはウナギを食うなと言いたいわけですか?」 →「いいえ。 漁獲量を適正範囲内におさめ、適正価格で消費したい人はすればよいと思います。」 ウナギを食べる文化を尊重しますし、ウナギに関わる事業を生業とする人々も尊重しますが、 "安い"は必ずしも正義ではありません。 経済的困窮は密漁や過度な市場の価格競争を誘引しがちで、時に貧困と保全の問題は相互に作用します。 しかし、仮に悪意があっても、「ウナギを食べる人は悪者」と短絡的に認識するのは愚かな事だと思います。 「食べない」、「消費頻度を減らす」、「知らない人に啓発する」 シンプルに、上記のような行動を起こした人々の変化を積極的に称賛・歓迎すれば良いと思うのです。 解説は以上となります。 反論や疑問、興味関心をお持ちなった方は、ぜひご自身で調べて知見を増やして頂ければ嬉しいです。 最後までお読みくださり、ありがとうございました。 ちなみに、私はジェネリック二ホンウナギ(代替品)の"うな次郎"を食べたいと思います。 マスク生活が続く中、今年の夏も連日猛暑日が予想されます。 お出かけの際は、水分補給を忘れずに熱中症には十分お気をつけくださいね。 参考文献 環境省公式HP_レッドリスト https://www.env.go.jp/nature/kisho/hozen/redlist/index.html 外務省公式HP_SDGshttpsとは? https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html WWFJapan公式HP _ウナギという魚の絶滅の危機 https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/3692.html 消費者庁「絶滅危惧種の二ホンウナギ」PDF資料 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/case/pdf/case_181029_0006.pdf 中央大学法学部/ウナギ保全研究ユニット Kaifu Lab 「ウナギレポート」 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/case/pdf/case_181029_0006.pdf

2021/07/20  

今回は野鳥の絵を描いてみる企画です。 最初に愛鳥週間の鉄板ネタの「巣立ち雛を拾ってはいけない理由」などを少し解説させてもらいました。 この時期の野鳥の多くは、子育て真っ最中です。もし公園で一人で遊んでいる人の子供を見たら、あなたはその子供を勝手に連れ去りますか?そんなことはせず、少なくともまずはその場で親を探しますよね。それと同じで特別な事情がない限りは、必ず傍で親鳥が面倒を見ています。雛を見つけても人間の干渉は最小限にお願いします。 たとえ何もせず雛が天敵に捕食される、衰弱死したとしても、それはあなたが責任を感じる必要はありません。自然の中では、死というものはごく身近にあるものなのです。 ただし、もし車や人通りが多い道路で事故に遭いそうな場合などは、近くの樹木の陰に隠すなどちょっとだけお手伝いをしてあげてください。 真面目な話はこのくらいにして、後半は40分程度で野鳥の絵を描いてもらいました! 皆さん着眼点が個性的ですね!お付き合いいただきありがとうございました。 オンラインイベントで何かこれがやりたい!など希望があればどんどん意見をお願いします。 おーいし

2021/05/16  @おおいし

チリモン捜索隊の成果報告です。 今回は3名での参加でオキアミ、アイゴ、エソなどを発見することができました。 1時間ほどで3~4種類発見できた訳ですが、こうした微細ものを含めた多様な海の生き物たちによって生命の活動が循環されていると感じますね。 ※サムネ詐欺で申し訳ないですが、タコの写真は今回発見したものではありません。 全員そろって一般的なスーパーなどで販売されているものでの挑戦ともあり、あまり多くを見つけることは難しかったようです。まぁそんなこともあろうかと、当方が過去に発見した手持ちのチリモンたちをマクロレンズで色々見ながらちょっとした解説も織り込みながら、雑談しつつ海の生き物をより身近に感じてもらえるイベントになったかなと思います。 こうしたゆるい活動をやっている訳ですが、”生き物”たちを知る、触れることで大人になってからでも世界の見え方がもっと面白くなってもらえたら嬉しいです。 おーいし

2021/05/09  @おおいし

いきものサークル初のオフラインイベントを開催しました。 今回観察できた野鳥 アオサギ、コサギ、ゴイサギ、オナガ、ムクドリ、カワウ、キンクロハジロ、カルガモ おまけ ミズクラゲ、アカクラゲ 【イベントレポート】 最小人数ながらも割とポンポンと鳥たちが姿を見せてくれたおかげで、参加頂いた鳥見初心者メンバーの方に色々お見せすることができて何よりでした。 【フィールドノート】 例年に比べてコロニーの規模が小さくなっていたものの、何羽かはもうすぐ巣立ちそうで一安心。人家とコロニーが上手く干渉せずに共生ができている貴重な場所なので、引き続き大切に見守っていきたい。またこの時期は営巣、抱卵期間のためカワセミは確認できず。ユリカモメは既に渡った模様。 東京湾付近ではミズクラゲをよく見かけますが、ちょびっとレアなアカクラゲも観察できて思わぬ収穫がありました! 身近な自然ってやっぱり面白い!

2021/04/11  @おおいし

記念すべき第一回目のイベントです! 某豆腐の会の人とタガメサイダーを味わいました。 で、その気になるタガメサイダーのお味は.... _人人人人人人人人人_ > 普通においしい <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ リアクションも含めて楽しむ予定でしたが、 予想外の展開でした。 魚やカメも食べたとの報告もあるあのギャングがこんなにフルーティーな香りなんて... く、悔しい...でも...美味しい...(無言で飲みきる) ちなみに、持参の昆虫食マニュアルにはカミキリムシがとても美味しいとの情報がありましたので、皆さんもぜひお試しあれ(っ´ω`c) その後は身近な毒草、毒キノコの話題で盛り上がったり、いきものサークルっぽさもある話題性も取り入れつつ楽しく学べました。 山でトリカブトが見つからないと愚痴ったところ、ドクササコをものすごく推されたので今度食べてみたいと思います(´ω`) (※どちらも猛毒。絶対食べないで。)

2021/03/26  @おおいし

サークルのイベントレビューをもっと見る

イベント

メンバー(5人)

  • 汝、鳥と和解せよ 趣味 ゲーム、野鳥観察、写真、手芸、イラストと漫画描きなど、色々あるので会話の引き出しは割と多いかと思います。 インドア生活で友達もいないので、何か外からの刺激があればと思い始めました。 よろしくお願いします。

  • コロナ禍で外出するのに背徳感を感じる今日この頃、"うさぎは鳥"!”とか言ってタブーな食肉を正当化していた当時の人々に共感を覚えます。 ”家系ラーメン”より”サービスエリアの中華そば”のほうが普通に好きな20代後半です。 属性は変人ですが、おっとりしていて根はおとなしいです。 メーカーのR&Dに携わっています。

  • よろしく。

メンバーをもっと見る

あなたへのおすすめサークル