Blog Image

【イベントレポ】セルリアンタワー東急ホテル/坐忘

こんにちは。「アフタヌーンティー同好会」の管理人です。
こちらは第一回イベントのレポートです。

渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルのラウンジ「坐忘」で季節のアフタヌーンティーを頂いてきました。



渋谷駅からほど近いこちらのホテルは能楽堂を有しており、日本文化を大切にしています。
「坐忘」のホテルマンの方も、和洋どちらの要素も取り入れた素敵な制服でしたよ。



アフタヌーンティーは3時間制。2時間制だと思っていたらお茶のラストオーダーが2時間で、お席自体は3時間OKでした。

価格は3993円(税サ込)。
最近高騰化が続いており、5000円〜8000円程度が主な価格帯のホテル・アフタヌーンティーとしてはかなりリーズナブルです。



お茶の種類がとても豊富!
珍しく中国茶がたくさんありました。
はじめにオススメの茶葉をセットで見せて頂けます。
気になるものの香りをチェックして各々一杯目を決定。



カップ提供なのでたくさんの種類頂くことができました。

白牡丹→アールグレイ(ミルクで)→ビューティー→カプチーノコンカカオ→アッサム(ミルクで)

全部で5杯。
ポットからその場で注いでくださるので、もしかしたらポット提供も可能かも?
管理人は最近ミルクティーにするのに凝っているため、ミルクピッチャーを見るのも楽しみの一つです。



ここのアフタヌーンティーで驚いたのはお砂糖を5種類提供してくださること。色々試すことができます。




三段のスタンドは一人一台提供。
今回は三人だったので三台! 圧巻です。



一番下はセイボリー。

★ スモークサーモンとクリームチーズのロール
★蕪の冷たいスープ
★ズワイガニとアボカドのムースサラダ仕立て
★卵と胡瓜のサンドウイッチ
★オリーブとサラミのピンチョス

全体的にクリーミー。優しい味で美味しい……一口ずつ色々なものが頂けるって本当に贅沢ですね。



二段目はスコーンとキッシュ。

★マカダミアナッツとチョコレートのスコーン
★レーズンのスコーン
★プレーンスコーン
★里芋とグリュイエールチーズのキッシュ

スコーン、どれもサクサクホロホロで良かったのですが、それ以上にメンバー全員が「美味しい!」となったのは添えられたクリーム。



★レモンカスタード
★ママレード
★クレームドゥーブル

レモンカスタードなんてそれだけを食べられてしまいそう……(実際それだけ食べた)。



一番上の段はスイーツ。

★林檎とシードルワインのグラスデザート
★フロマージュブランとベリーのケーキ
★柚子風味のパートフリュイ
★ホワイトチョコレートのファッジ
★キャロットケーキ

バリエーションに富んでいて味も食感も違いを楽しめました。
管理人が一番気に入ったのはグラスデザートです。林檎のお菓子が大好きなので、さっぱりとした風味となめらかな舌触りに夢中でした。



落ち着いて長めの時間楽しめる雰囲気と豊富なお茶の種類、リーズナブルな価格でとても良かったです。
スタンドが一人一台ですし、ビジネスマンのお客様も多かったので一人での利用もしやすいのではないかと思います。

今は休止していますが、夕方からはアルコールやチーズも選べる「ソワレ」というセットもあるようです。
管理人はよく渋谷の美術館や映画館、舞台を観に行くので、帰りにお茶をする絶好のスポットを発見できました。

***

今回のイベントは管理人と女性お二人で行って参りました。
管理人同様アフタヌーンティー大好き!なKさんと、今回が初アフタヌーンティーのRさんです。

アフタヌーンティーのこと、お仕事のこと、趣味のこと、地元トークまで。
三時間たっぷりお喋りしてきました。
可愛いお写真も撮れましたよ!
管理人は写真がド下手なのですが、Kさんが一眼レフカメラをお持ちだったので触らせて頂き、カメラへの憧れも募りました。

特に三人とも共通していた趣味、海外旅行の話題では大盛り上がり。
ベネズエラにある雷の名所について教わったり、パリのステンドグラスの名所について語ったり。
本当に初対面? というくらい喋り倒したのにまだ喋り足りなくて、タイムアップになった話題までありました(笑)

最後はそれぞれ連絡先を交換。
お喋りの中で次に行きたいアフタヌーンティーも決まったので、また初夏に皆さんでご一緒する予定も立てて解散です。
すごく楽しかった……充実し過ぎの三時間でした。

アフタヌーンティー同好会のページはこちらです。(現在管理人の仕事のトラブルにより一時受付停止中)

2021/02/15 (月)

主催サークル