2019.5.12

【活動報告】​CHOCOLATIER PALET D’OR(ショコラティエ パレ ド オール):パフェ パレドオール セゾン

2019.5.12

article-KV
5月も中旬で少しずつ暖かくなってきました。
今日のグルメサンポは、東京駅近くの新丸ビルにお店を構える「ショコラティエ パレ ド オール 東京」です!
5月10日に初夏のパフェが発表されたので、今日はそれを目当てで行ってきました。


お目当てのパフェもありますね!


有名ショコラティエ・三枝俊介氏が手がける「ショコラティエ パレ ド オール」は、カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を全て行う「Bean to Bar(ビーントゥバー)」スタイルのチョコレートブランドです。
パレ ド オールとはフランス語で「金の円盤」という意味。
実際、代表作のチョコレート「パレ ド オール」は金箔が散りばめられたとてもゴージャスな作品です。
店内にはチョコレートがたくさんディスプレイされていました。


パッケージもそれぞれ美しい!


ケーキ類もいくつかラインナップされていましたよ~


それではチョコレートはこのくらいにしておいて、パフェに移ります。
ちゃんとパフェの詳細が書かれたプレートも用意されていました。
すごい手が込んでいますね!

参加頂いたみなさんも一緒にパフェをオーダー。

ちょっと待っていると、来ました!
「パフェ パレ ド オール セゾン」です。
ぱっと見、とても美しい!
飴細工部分には金箔があしらっておりとても豪華!


パフェの層も6層(?)くらいはあり、パフェの設計も綿密に行われていることが分かります。


上から見るとこんな感じ。


では食べましょう~!
のっかってる3種類のアイスとソルベは、それぞれ「抹茶」「アーモンド」「あんず」です。
味が違うのでそれぞれ楽しめます。
私はアーモンドアイスが一番おいしかった!

飾り付けられたチョコレートプレートや飴細工をポリポリかじりながら、下の方へ食べ進んでいきます。
詳しい構成は先ほどの説明書に譲りますが、書いてあるもの以外にもチョコレートソルベと抹茶の層の間にチョコレートプレートで仕切りがされていたり、本当に細かい部分まで作りこまれていてすごい!

一番下は、あんずのコンポートと、梅酒のジェルがはいっていました^^
1つのパフェなのに次々といろんな味や食感が出てきて、すごい美味しかったです!

ボリュームたっぷりで結構お腹いっぱいになりました笑
周りのお客さんもパフェを頼んでいる方が多かった感じでした。

またこのお店は食べログ2019百名店に選ばれています。
メダルや盾も飾ってありました。


今日はイベント参加者も満員御礼の美味しいサンポになりました。
参加頂いた皆様、ありがとうございました!

追記)
このオブジェは全部チョコレートでできているそうです!凄い!
なんかチョコレート専門店って、大きなチョコレートでできたオブジェがいろいろ置いてあることが多いですね笑


次回イベントはこちらです。
https://tunagate.com/event/60017